2012/04/27

Google Drive vs SkyDrive vs iCloud vs Dropbox vs SugarSync vs Box

Google Driveがいよいよ登場しました。


早速使ってみた感想ですが、InSyncSyncDocsを使ってきたので使い方そのものはほとんど変わりません。Dropboxや他のオンラインストレージと使い方と同じです。ただGoogle Docs上のどのフォルダを同期させるか設定できるので、現時点で全てのフォルダーと同期せず、ルートフォルダ上のファイルのみ同期する形にしました。これでSyncDocsと併用してしばらく使ってみようと思います(SyncDocsは右クリックで簡単にファイルをGDocsにアップロードできるのとGドライブをつくるなどGoogle Driveより使いやすいです)。特典はGoogle Driveを使い始めたことでGMailの容量が10GBになったようです。私の場合、GMailは10GBにアップグレードされたのと20GBのストレージを持つことで30GBの容量になり、Google Driveは5GB使えることになったので、Google Docs(Google Drive)上では25GBまで使えることになりました。Google Docsファイルは基本的にカウントされないので、Docsファイル以外のファイルのアップロードや同期に25GBまで使えることになります。そしてPicasaは変わらずなので1GB+20GBの21GBの容量があります。

さて、この容量がポイントです。

実はこの年間5ドルで20GBというおいしいプランは4月24日をもってなくなってしまいました。とりあえずアカウントを利用してWalletの情報も更新していれば古いプランを使用できますが、アップグレードでもしようものなら「月間ベース」で支払うことになります。http://goo.gl/z898t

Google MapsといいAndroidといいGoogleもちょっとずつ月間ベースの課金制に移行していますねえ。他のオンラインストレージサービスと比べていろんなGoogle関連サービスと連携できているので便利ですが、データの所有権という点ではとても心配になりました。Googleにどんなファイルをアップするかは神経質にはなりたくありませんが、ちょっと考えないといけないですね。

SkyDriveですが、こちらもアップデート。Google Driveと比べて2GB多い7GBのオンラインストレージサービスを提供しています。あれ、25GBから減ってると思われた方、今すぐSkyDriveにアクセスして、25GBにアップグレードしてください。
WindowsユーザーにとってみればMicrosoftのSkyDriveのほうが魅力的な気がしますね。今までSkyDriveを使ってきたユーザーには今回のアップグレードは25GBの無料ストレージでもそれはWebを通してで、5GBまでしか同期が使えなかったものが、無料で25GBの同期できるストレージを提供されることになったわけですから、DropboxやiCloud、そしてGoogle Driveと比べても一歩リードしています。

Boxもそうですが、新規ユーザーには無料版はどれもちょっと足りないんだよなあと思わせる容量設定です。Boxはフリーで50GBを手に入れたモバイルユーザーには本当にいいですが、それ以外はビジネスで使う面が強いですね。

Dropboxはいろんなプラットフォームで使えるメリットはありますが、ストレージというより、簡単に共有するため、他のアプリとの連携サービスとした感じでしょうか。

iCloudは発展途上中。Appleの利益から考えても力を注いでくれることに期待したいです。もうちょっとだけ辛抱でしょうね。

SugaySyncはコストの面ではGoogle Drive、SkyDriveに負け、DropboxやiCloudよりかはいいかなといった感じですが、やはり特定のフォルダを指定しなくても同期できるサービスがあるだけにいまだ手放せません。

Skydriveが25GBの同期サービスを提供し始めたこととGoogleのデータ所有権の点で、私の環境もちょっと変わりそうです。







2012/04/17

Google Driveが出るようです


無料で5GBのオンラインストレージがGoogleから出るようです(引用)。それがGoogle Drive.
20GBや80GBを購入している場合は今使っているSyncDocsやInSyncのようにアクセスできるようになるんでしょうか。そうするとSyncDocsやInSyncはどうするんでしょう。

2012/04/08

低予算で100GB以上のデータをオンラインバックアップ

どのように動画、画像、音楽ファイルのバックアップをされていますか? 2TB、3TBの外付けHDDにでしょうか。一つだと、もしそのHDDが壊れた時にオシマイですから、もう一つ予備として使ったりしていませんか? バックアップ用にRAID使って、毎時間スクリプトを実行させて定期的に保存しているから大丈夫だよという人も、ちょっとだけ考えてみてください。

頻繁に使うデータにはSugarSyncやDropboxなどの同期機能があるソフトを利用してデータをオンライン上に保存しておきますが、アーカイブとして保存しておきたいものはどうでしょうか?貴重なデータのバックアップにSpiderOakを紹介していますが、100GB以上のデータをバックアップする場合は何を使われていますか?

こう考えてみました。外付けHDDに保存が基本だけれども、同時にオンラインストレージにも同様に保存されるといい。外付けHDDが更新されたらその分も保存されるような形であるとさらにいい。

オンラインストレージサービスのリストがWikipediaにあります。予想以上にあるんですね。アップロードするファイルサイズの制限は4GB以上であってほしいのですがこれでも結構ありますね。ですが、外付けHDDに対応しているサービスとなると15ほどになります。

自動更新機能があるものとなると9つ。さらにEncryptionの機能があってプライバシーも考えられているとなると、5つになります。ここにはもちろんSpiderOakも入っています。

Mozyは有名ですが、自動更新機能がありません。値段を考えてもビジネスならともかく、個人でとなるとずっと躊躇していました。たかがバックアップ(されどバックアップですが)そこまでお金払う気にはなれないなと。

ここに容量無制限のプランがあるサービスとして絞ると最終的に残るのは1つ。それがBackblazeです。

15日のお試し期間があるのでちょっと試してみます。個人的なメディアファイルではなく、その他のファイルから。

私は地理情報データを扱っているのですが、人工衛星のデータなどになると時には1ファイルが1GB以上の時がしばしばあります。アメリカやカリブ海のデータも大分たまってきまして既に500GB近くなっています。地理情報はかなりシェアできるようになったので、バイオやケミストリーのように2TBに軽くいくことはないのですが、それでも大容量です。USB3のおかげで内蔵HDDと比べても気にならないレベルで外付けHDDにアクセスできるので外付けHDDを使っています。これを持ち歩いているのですが、友達が同じような状況である日突然壊れてしまい、大事なバイオケミストリーの情報を失ったとか。それは避けたいのですが、500GBものデータを本体に入れるのも辛い。

気軽に外付けHDDを持ち歩きながらも、データは回復できる安心感がほしい。でもできればリーズナブルな値段で!

1ヶ月3.95ドル。1年で50ドル。これなら新たに外付けHDD買うよりもリーズナブルです。データをリストアしたい場合は1TBのドライブを送ってくれるサービスがあります。

その点でもBackblazeは魅力的でした。とりあえずソフトをダウンロードしてバックアップしてみることにしました。基本的にアプリケーション(exe)とシステムファイルを除くCドライブ全てと選択した他のドライブを保存するようになっています。もちろんバックアップしたくないフォルダを選択することもできます。

上図のようにいろんな同期・保存ソフトを利用しているのでDocumentsに関しては他のソフトにまかせてその他、特に外付けHDDをバックアップしてみます。上図に載っていないEvernoteやSpiderOakに利用しているフォルダはTrueCryptを利用してEncrypt済みなのでそのドライブを選択しない限りはTrueCryptファイルがアップロードされるのは問題ありません。(TrueCryptは本当に便利です。Encryptしたいデータは全てここに)


さて537GB・・・本当にバックアップされるのでしょうか。常に動いているわけではないようです。1日2-4GBずつとか。うん?それだと1ヶ月でも足りないぞ? お試し期間すぎちゃうんじゃないかな?
とりあえず試してみます。









2012/04/07

とてもセキュアなオンラインストレージ 今なら5GB無料キャンペーン実施中

いつのまにかSpiderOakの容量が増えていたので、お礼に再度紹介したいと思います。

Dropboxと違って誰も、会社のスタッフもそして政府も、私のファイルを見ることができない仕組みになっています。そのため、パスワードを忘れようものなら取り返しがつきません。それほどまでしてユーザーのファイルにはタッチしないシステムというのを最大の売りにしています。Dropboxに比べてとっつきにくいですが、セキュリティの事を考えたら外せないオンラインストレージです。

面白いのはこの会社の設立者の一人は政治学専攻だったようで、でも大学のロボットデザインコンテストで3位とったとか(参照)。そんな彼らが作ったSpiderOak。今、5GBの無料キャンペーンをやっているようです。

World BackUp Day 2012のページにプロモーションリンクが載っていますが、必ずしもそのページを経由して登録する必要はありません。また既に加入済みの私のような場合でも、このプロモーションコードを使うことができました。おかげで3GBの容量増。それまでの容量は6GBでしたが、合計9GBにまで増えました。

私の場合、大事なファイルなんて、Tax用にスキャンしたファイルの他はほとんどがPDFなどで、あまり大きいサイズではなく、200MBしか使ってないのですが、残りはこれから考えることにします。

こちらに簡単なプロセスを載せておきますね。


1.Web上でログインしたら、「Account」をクリックしてください。そうすると下図が表示されるはずです。「Buy More Storage」ボタンを押してください。


 2.プロモーションコードとして「WORLDBACKUPDAY」を入力して、「UPDATE」ボタンを押しましょう。










3.Monthly Billingのところに5 Gigs: Free..と出てくるのでそれを選択して次へ。クレジットカードを選択しているように見えますが、要求されることはありません。



4.最後に確認のページがでてくるはずですから「Confirm」ボタンを押して終わりです。2GB+3GBが手に入るはずです。こちらから登録してもらえれば、最初に2GBで登録、1GBのボーナス、そして1-4の手順を踏んでもらえれば5GBでなく、6GBが手に入るはずです。
5.Good luck!