2013/12/29

大掃除してて気づいた今後のファイル管理再考

今年もいろんなサービスが出てきましたが、片付けをしていて思うことがありました。

なんとVHSビデオ、Mini Disk、更には250MB Zip Diskまで出てきました。既にコピーは新しいのを購入した際にしているつもりだけど、聞いたり見てみたい。
しかし、読み取る機械が全くない。

アメリカ政府機関では未だフロッピーディスクが使われているという記事を見ましたが、どこまで本当なんでしょうか。NOAAはDropboxはダメだけどGoogle Driveは使っていいそうですし。

ずっと昔、両親が老後にゆっくりと見たいとせっせとVHSにとっていましたが似たような家族も多いはず。一体どうしてるのでしょう。DVDやHDDへのコンバーターを使われているのでしょうか。
ここ最近の一般的なデータの保存はSDカードやUSBドライブ経由ですが、USBも来年更にヴァージョンアップする予定です。もうこうなるといずれBackward compatibilityも大丈夫だろうかと心配です。そうなるとタブレットやスマートフォンのように、Dropbox、Google Driveなどオンラインストレージを使ったほうがいいような気がします。
同じ容量でのコストパフォーマンスがいいのはDropboxやSugarSyncよりもMicrosoftのSkyDriveですが、Google+を利用する場合は以下の条件なら容量無制限です。
写真は縦か横でも長い方のサイズが2048px以下、ビデオは1080pの解像度で15分以下

ビデオ15分以下まではカウントされないとは知らなかったので、ひたすら過去のビデオをアップして家族や友達とシェアできるようにしました。これはありがたいですね。インスタグラムやVineやViddyを使うのとは別にプライベートでちょっと長めのビデオを共有したい場合にはとても便利です。

Google+は年間で撮った写真やビデオをまとめてスライドショーにしてくれるサービスをしてくれます。自分自身の2013年にアップした写真やビデオをスライドショーで見るのはとても楽しい。もっとアップしたくなりました。Google+とGoogle Driveは別モノですが上記の条件を満たさない大きいサイズの場合、Google Driveの容量が使われます。Google+はHangoutsがとてもいいですし、共有設定がシンプルかつファイル単位でできるので重宝しています。Skype全然使わなくなりましたね、本当。

写真やビデオとは別に、ドキュメントや私の専門データを保存する場合は外部ハードディスクを使っていますが、同時にBitcasaオンラインストレージに保存するようになりました。残念ながら11月に価格プランが変更になりましたが、このまま容量無制限の恩恵を受け続けるために年間100ドル払おうと思います。確かにBitcasaが言うように5TBも使うユーザーはあまりいないのでしょうが、私はCopyとMirroringしたDupulicate filesがあるためか既に3TB。

これから10年たってもネットが存在することは信じられるのでオンラインストレージを大いに利用しようと思います。
でもよく考えてみれば、DVDや外付けディスクとかのハードではなく、どのオンラインストレージを使うかでまた移行作業とか将来出てくるのかもしれない・・・

2013/12/10