2014/05/09

HangoutsかSkypeか。

Google Hangoutsは出てきた当初からのお気に入りで、グループでも個人でもよく使っています。 アメリカ内ではスマートフォンでもパソコンでも無料でグループで話ができるのでとても便利です。Googleと連携したMo+というアプリを使えばメッセージも送れますし会話もHangoutsユーザーでなくとも無料です。ですが多くの方同様、日本とのやりとりはここ最近はずっとHangoutsばかりです。 Skypeはグループで話す際に有料でしたが、いつのまにか25人まで無料になっていたんですね。今日、中国の友達と連絡し合う際、HangoutsもGoogle Voiceもどうも途切れるのでSkypeに切り替えたのですがとても明瞭でした。OfficeのLyncといいWord2013のPDFの編集機能といい、Microsoftいい仕事してますねぇ。

2014/05/06

Office 365

Office 365 Personalの年契約をしました。Office 365が始まった当初に比べたら3割引き、かつタブレットで使えるライセンス付き。 GoogleなどIT系アプリやサービスでは初期購入者はそれなりの特典があります。個人的にはBitcasaが年99ドルで容量無制限だったサービスが年間999ドルになってます。 でもOfficeはちょっと待って正解でした・・・ と書くつもりが今日、職場の同僚からOffice 2013がPersonal用で10ドルと言われてしまいました。違法でも何でもなく契約上10ドルで手に入ると。 2013も365も中身は一緒で単にライセンス形式が違うだけです。 損した気分なのでOffice 365はMacに入れようと思い直しました。 でもMac版のOffice 365はOffice 2011と一緒ではないですか。Cloudサービスがついてるぐらい・・・ 確かに定価の399ドルに比べたらSubscription形式の方が長期的には得な場合もあるのでしょうが10ドルという特殊な場合もあるから余計に定価で払いたくない。 多くの場合Google DocsやOpen/Libre/Kingsoft Officeでいい場合が多いのですが、MS Officeは全世界のどの分野でも認知された、プラットフォームのようなものになってますからどうしてもそれは使える状態にというのが前提です。 でも時々、ネイチャーとかに投稿する論文だってEverNoteとかで本当はいいんじゃないかと思うんですけどね。

2014/05/04