2015/09/06

NIWでグリーンカードをとる

アメリカにおける永住権、通称グリーンカードの取得にはいろんな方法があります。宝くじのような仕組みもあります。でも多くの場合はアメリカ人と結婚してスポンサーになってもらうか、労働ビザを得て仕事をしていく中で雇用主にスポンサーになってもらうかでしょう。

おっちゃんの場合、大学で働き始めましたが大学がスポンサーになってもらえず、セルフスポンサーとして応募できるNational Interest Waiver(NIW)で取得することにしました。グリーンカード取得にはいろんなカテゴリーがあるのですが、それはUSCISのウェブサイトを見ればいいとして、おっちゃんの場合はEB-2のNIWという仕組みです。

2015/06/08

アメリカのこれはおかしいと思う点

前回の続きと関連はしますが、ちょっと違う点を。

アメリカに訪問ではなく、住み始めると当然ですがいろんな事がありますわ。その一つは病院、健康保険に関わる事です。

アメリカの健康保険はいろいろ議論があります、特にオバマケアに成立に関してはものすごいものが有りました。人によっては社会主義だという人もいました。ですがおっちゃんから言わせてもらえば、もう単純に「People-oriented」ではない。

2015/06/01

アメリカの大学卒業してすべきこと

アメリカに来て大学卒業して、もうしばらくアメリカにいたい、もしくはずっと住みたいと思っている人へ。

1つこれだけはおっちゃんからしておいた方がいいと思うことがあります。おっちゃんはするのが遅すぎて、もっと早くにやっておけばと良かったと思うことです。

それは個人年金(IRA)を始めることです。20代の前半で卒業された場合、もう今から個人年金?と思うかもしれません。ですが投資信託として考えたらこの個人年金は非常にいいのです。

投資信託といえば、つい最近友達が話してくれました。彼は大学に入る際多めに得ることができた奨学金を学費に使い、余ったお金でMutual Fund、投資信託を始めました。おかげで大学卒業時彼は一切の借金なく卒業できたそうです。おっちゃんは奨学金という名の学生ローンを今でも払っとります。日本での国民年金、厚生年金を使って運用できるのか知りませんが、アメリカの個人年金は当然できます。

個人年金には2種類あって、税引前のTraditional IRAと税引き後に掛けるRoth IRAがあります。留学生にとって、いや留学生じゃなくてもお薦めはRoth IRAです。年に少しでもいいからとにかく絶対早い内から始めるべし。若ければ若いほどいいです。仮に将来は日本に変えると思ってる場合でもです。(続く)

2015/05/26

留学して10年して思う英語の勉強法 03

もし何回読んでもいい、そんな大好きな本があって、その英語版があればいいですね。逆に原本が英語で、翻訳本を思いっきり楽しんだパターンでもいいです。もしくは英語のペーパーバックでもいいです。おっちゃんの場合はそれがHarry PotterでありDa Vinci Codeでした。

2015/05/25

留学して10年して思う英語の勉強法 02

昔はTOEIC900レベルまでいけばペラペラだろうと思っていました。

まあ多くの日本人やうちの両親からしたらおっちゃんはペラペラ喋ってるように思えるかもしれません。ですがアメリカに住んでる人なら分かっていただけると思いますが、「会社」や「学位」など全く分からない状態で話せば、(当然アジア人に対しての眼というのはありますが)英語のレベルは高校生・大学生に「話してあげよう」というちょっと低く見られるレベルです。

2015/05/24

留学して10年して思う英語の勉強法 01

おっちゃんが思う英語の勉強法の話を書いてみたいと思います。

基本的には以前日経ビジネスオンラインで連載されていたた「銅メダルの英語」にとても共感していますのでそちらを読んでいただければ分かると思いますが、私がアメリカに住んで10年以上たって思うことはネイティブなみの英語力を目指すなら、いつ、どこで、何を目的として勉強しているのかの基準をもって取り組んだほうがいいと思います。

2015/03/31

2015/03/29

無制限ストレージサービス増加

アマゾンも無制限ストレージサービスに参加してきました。

仕事用としては既にDropbox, Google Driveなどは既にほぼ無制限の容量を提供していますが、そこにアマゾンも参入。まあアマゾンは既にほぼ無制限の容量を提供していたので、個人用にサービスを開始したイメージでしょうか。Gigazineさんが解説しているので詳しくはそちらで

アメリカでは年間59.99ドルです。MicrosoftのOneDriveもOffice365ユーザー(スカイプ60分/月 無料)という条件つきですが無制限容量で、年間75.76ドルです。容量無制限サービスのみを考えるならアマゾンがいいかもしれないですね。写真のみ(動画も5GBまで)なら更にお得なサービスもありますし。ただFlickrが無料で1TBのスペースを提供してますから後者はちょっと微妙。

個人的には最近のマイクロソフトの動きも含めOneDriveで行くつもりだったのですが、最近試してみたOneDriveを外部ディスクに設定し600GBものデータをOneDriveに保存してみるという試みを行ったのですがどうしてもうまく行きませんでした。外部ディスクが簡単にスリープ機能だしてしまうからなのか、単にアップロードがうまくいかなかったのか分かりませんがちょっと残念です。

それぞれの用途や目的に合わせて使えばいいんでしょうが、仮にスマートフォンやデジカメの写真・動画の「保存」で考えた場合、
1. Flickr (1TB)
2. Google+ (2048x2048px以下の写真もしくは15分以下の動画は無制限)
3. OneDrive (15GB. 年間75ドルでOffice365とスカイプ60分がついて無制限)
4. Amazon Cloud (年間60ドルで無制限)
5. Dropbox (月9.99ドルで1TB)

他にもCopyやらBoxやらありますが個人でスマホを利用して使う場合、主なクラウドストレージサービスは上記のサービスだと思います。

私の場合はOneDriveがメインの「保存先」です。単にスマホで共有したり見せる場合はGoogle+です。サイズが制限されているので速く表示させやすい。

大体多くの人が1TBも使わないようなので今後は更に無制限容量といったサービスを出してもいいと判断してでてくるでしょうが、これからはスピードとGoogle+のような自動加工、1年に何があったかのサマリーアルバムのようなサービス、そしてFlickrに見られるようなコミュニティによって使われるサービスが決まってくるような気がします。





2015/03/06

2015/02/28