2015/05/26

留学して10年して思う英語の勉強法 03

もし何回読んでもいい、そんな大好きな本があって、その英語版があればいいですね。逆に原本が英語で、翻訳本を思いっきり楽しんだパターンでもいいです。もしくは英語のペーパーバックでもいいです。おっちゃんの場合はそれがHarry PotterでありDa Vinci Codeでした。


Da Vinci Codeがでて1年もたってなかったと思います。その時までなかなかVocabularyが伸びなかったのですが、電子辞書片手にDa Vinci Codeを読み始めました。


同じ単語を3回、4回、9回と調べても覚えられないような状態でしたが(泣)、面白くて面白くて辞書で調べるのが鬱陶しいくらいハマりました。英語と日本語、どっちからか覚えてませんが、頭のなかにどんどんイメージが浮かびストーリーが進んでいく。英語を日本語にしてそのイメージをつかむのを何度も繰り返しつつ読みます。何回も調べなければならないのは、ビッグワードと呼ばれるものばかりで、本当にイメージしづらい。ですが、この過程で、英単語とイメージが結びつきます。おっちゃんはこれが一番大事だと思ってます。どんな会話でも相手の言ってる話をイメージしていると思いますが、それと英単語が結びついてるかどうかです。


(アメリカ帰りの人が時々英単語がでる時あって昔はムカついていましたが、イメージと英単語が日本語より強く結びついていて、かつ言いやすかったりすると、英単語がでないとおかしいんです)


だんだんとわかった読む時のコツですが、日本語でも子供の頃難しい漢字や単語をとばして読んでいったと思いますが、それと一緒です。パーフェクトである必要は全くなく、とにかく楽しく読めばいいんです。というより全く覚えようと思わなくなり、とにかく楽しみました。


あの分厚いハードカバーの1冊を読んだ時の達成感。いえ、達成感というより、日本語で読む本同様に、面白かったぁと思えた瞬間。もっと読みたくなり、Dan Brownさんの本はその後全て読みました。そうしたら大体分かってくるんです、単語が。


それから英語の本を読むのが一番Vocabularyが伸びると感じ、昔やっていた単語を覚える作業をやめました。それからは本当に本を楽しみました。以前とは全く違うスピードでVocabularyが増えていきました。


今、同じことをスペイン語で挑戦しています。

Andy Weir著の”The Martian”という本があります。本は読んでないのですが、何度か片道2時間の場所を往復しているのでAudiobookを聞くことにし、評価がすごく高かったので買ってみました

これが非常に面白かった。エイリアンの話ではなく、むしろアポロ13の方が近いです。

最初の言葉が”I’m fucked”から始まります。いやあ面白かった。これ絶対映画になりますね。



The Martianの英語版キンドルは持ってないですがスペイン語版を購入。

”I'm fucked"が”estoy bienjodido"となっている。頭の中でAudiobookのナレーターが”I’m fucked”と言ってたのが思いだされ、それをスペイン語で知る。面白いです。

語彙力アップはやはり自分の好きな面白い本を読むことだと思います。趣味関連でも車でもファッションでもなんでもいいです。好きな本を読むことです。そしてどんどんハマって下さい。楽しみながら学べる事ってたくさんあるんです。

0 コメント:

コメントを投稿